2015年07月27日

犬用・猫用かぎ針編みのボタン留めネックウォーマー

image2.JPG
BJBJ.JPG
DSCN4181.JPG

犬用・猫用のネックウォーマーです。
ボタン穴を多く作ることである程度フリーサイズにできます。
端っこがプラプラしないので、猫ちゃんも比較的気にせず付けてくれやすいデザインです。

太い毛糸でざくざくこま編みで編みますので
あったか度UPです。
固くならないよう、柔らかめの上質なウールなどで編んであげるといいと思います。

画像のようにふわふわの毛糸で縁取りしてもかわいく暖かです。

★材料、道具★
極太毛糸 4〜50g 半玉〜1個程度
9〜10号のかぎ針
毛糸とじ針、好みのボタン(1.5〜2cm位)

★編み方★
鎖で作り目をします。

こま編みで楕円に編んでいきます。
両端で1〜2段目は+3目、3段目以降は+4目増目します。
片方の端に、1段目で編み図のようにボタン穴を作ります。
ボタン穴の数は好みですが、3個程度あるといいと思います。

ボタンを1個付け、好みで縁取りをこま編みで編みつけます。

★編み図★
ボタン穴マフラー.png
★目数、段数★
こま編み ゲージ 15目13段
胴cm首周りcm長さcm幅cm重さ作り目段数
261826.54.513g30目3段
312232516g35目3段
362536.05.018g40目3段
4330426.526g45目4段
4632466.528g50目4段
※胴周りと首周りの比率は参考です。
犬種・体型によって変わりますので、愛犬・愛猫に合わせて調節してください。
posted by 靴下をはいた猫&RATA at 12:05| Comment(0) | 犬用☆マフラー編み図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

ゴム編みのしましまマフラー(小型〜中型犬用)

DSCN4313.JPGグリーン.JPG


首元あったかな猫、小型犬、中型犬用のしましまマフラーです。
端に輪を作り、もう片方の端をくぐらせて着脱します。
少しの毛糸ですぐ作れますので、手軽におしゃれを楽しんでください。

★材料、道具★
極太毛糸20〜40g
棒針2本
かぎ針、毛糸用とじ針(仕上用)

★編み方★
A目作り目をして、二目ゴム編みでB段編む。
(A、B段は下記参照)

しましまにする場合は2段毎に色を変える。

かぎ針で伏せ止めし、糸を長めに切る。

残した糸を針に通し、裏側に折り返して縫い付け、輪を作る。

編みはじめの端にフリンジを付ける。

★編み図★
無題図形描画.jpg
※胴回りから大体の首周りを算出しています。
犬種や体格によっても変わりますので、
長さなどは愛犬に合わせて調節してください。

☆極太毛糸、12号棒針、ゲージ13目17段の場合
 胴周り首周A目(幅)B(長さ)
比率10.70.261.24
 cmcmcmcm
30217.81037.263
33238.61140.970
35259.11243.474
38279.91347.180
422910.91452.189

☆並太毛糸、8号棒針、ゲージ15.6目21段の場合
 胴周り首周A目(幅)B(長さ)
比率10.70.261.24
 cmcmcmcm
30217.81237.278
33238.61340.986
35259.11443.491
38279.91547.199
422910.91752.1109
※目数・段数は自動計算で算出しています。
編みやすいように、奇数→1段足して偶数にする
のように、しましまの模様などに応じて多少調節してください。

※ゴム編みは多少縮まるので、ゲージの目数は大体でも構いません。
横幅の両端が同じようになるように、表目と裏目の数を調節してください。
続きを読む
posted by 靴下をはいた猫&RATA at 14:18| Comment(0) | 犬用☆マフラー編み図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。