2015年07月30日

ペットボトルカバーの編み方

ペットボトルカバーの編み方です。

春夏は綿、綿アクリル混紡などで涼しげに。
秋冬は毛混、アクリルなどで。
洗濯できる毛糸が便利です。

★材料、道具★
中細〜合太程度の毛糸50g1個程度
かぎ針5号、毛糸用とじ針

★編み方★
底から編みます。

輪にこま編み6目を入れて円を編みます。
6段図のように増目して円を編みます。

続けて、側面を長編み1段+こま1段の繰り返しで
使いたいペットボトルの高さまで増減なく編みます。

ふちにフリルを図のように編み、糸を切って始末します。

ひもを2本取りで鎖編み、又は1本取りでコード編みで
2本編み、本体のふちに通して結びます。

★編み図★
ペットカバー編み図.png
ひらめきひもに小さないちごなどを編んでつけたり、ポンポンをつけたり。
  本体にかわいいアップリケや刺しゅうしてもかわいいです。
  保温性・保冷性はありませんが、水滴がバッグの中の荷物につくのを防げます。
  
  底の円の段数を変えれば大きくしたり小さくしたりできます。
  お手持ちの水筒や、わんちゃんの給水用ペットボトルなど、サイズを合わせて作れます。
posted by 靴下をはいた猫&RATA at 15:32| Comment(0) | かぎ針編み☆ペットボトルカバーの編み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。